2013年04月26日

ビフォーアフター 和室編

昨日に引き続き、ビフォーアフターまとめ 和室編です。

<ビフォー>
和室というより仏間と呼ぶほうがしっくりくる
広間から見るとお仏壇と床の間が真正面にバーーンと見える6畳間でした。
和室 ビフォー.jpg

<アフター>
リビングからの続きでの4畳半のこ上がり和室に変更。
ソファの座面と同じ高さに設計して、腰かけて使えるように・・・^^
二人掛けのソファしか置いていなくても
子どもの友達がたくさん来た時などぐるりとテレビを囲んで座れるので便利です。
和室 アフター.jpg

床の間とお仏壇があった真正面は
奥の廊下からの明かり取りを兼ねて3本のスリット窓にデザイン。
ガラスはヨーロッパの型板ガラスを使用しました。
ヨーロッパ製なのに和の雰囲気漂う籠目模様のガラスです。

和室 アフター4.jpg

壁は自分たちでスイスしっくいを塗り、刷毛びきでのびやかに意匠をつけました。
コテで押さえつけてから、大きめの刷毛でえいやーっと模様をつけるので
二度手間ですがなかなかいい風合いに仕上がっています。
リビングは、木ゴテでずりずりして意匠をつけた仕上げなので
そちらよりもやわらかい風合いがお気に入りです。

リビングとの仕切りのふすまは
ウィリアムモリスの壁紙をイギリスから取り寄せました。
和室 アフター2.jpg

ビニールクロスじゃなく紙クロスなので
模様だけではなく風合いも気に入っています。
模様は19世紀から愛され続けているデザイン ひまわりをモチーフにした柄です。
繊細な線画でとても上品です。

そして、このふすまの裏側 和室からみた面は
うって変わって 和 なクロスをチョイス。
濃いめの色の紙布クロス。 紙を細長くして実際に編み込んであります。

和室アフター3.jpg


このたび、リフォームのついでにお仏壇もリフレッシュしていただきました。
義母が物心ついたころから使っているという半世紀以上前のお仏壇なので
すっかり金色のところが黒くなっていましたが
びっくりするほどピカピカになって帰ってきました。
 >>広島でお仏壇の洗浄、クリーニングなら音羽屋さん 超オススメですよん!

和室 アフター5.jpg

お仏壇は来客時には引き戸を閉めて収納できるようにしました。
経机まで全部しまえるように奥行きを計算した設計ですっ!!
これはとても便利でこだわったかいがありました。


以上、リノベーションweb内覧会 ビフォーアフター 和室編でした。

――――
広島ブログ

>>ミヤカグお店紹介

>>オーダーキッチンや内装プチリフォームのご相談はこちらのフォームから
 ※施工範囲は広島県近郊(少なくとも一度は打ち合わせに来て下さる範囲)に限らせていただきます・・・

リノベーションミヤカグスタ.jpg



posted by tuyumame at 12:15| Comment(0) | Before After ★web内覧会★ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。